一体型屋外監視カメラシステム

概要

「軽量・コンパクト・設置場所を選ばない」をコンセプトに、 カメラ、照明、バッテリー、通信機能を内蔵した一体型の屋外監視カメラシステムの開発を進めています。

box1

特徴

片手で持てる軽量・コンパクト設計

175mm(W)x125mm(D)x125mm(H)、片手で持てる5kg以下の小型軽量設計。 バッテリーを内蔵しており、上部に設置した太陽電池による完全自立運用が可能です。 商用電源確保が不要で設置場所を選びません。

smallbox

鮮明化機能で夜間監視にも対応

夜間、降雨など鮮明な画像取得が困難な場合にも、弊社独自の画像鮮明化技術によりクリアな映像を取得します。 本体内蔵の赤外照明と合わせて、夜間監視にも対応します。

dehaze

エア・ワイパーで雨でも安心

弊社独自のエア・ワイパー機構を内蔵し、撮影直前に高速空気流でカメラ前面の水滴を除去し、クリアな画像取得が可能です。
wiper2

3G/LTE通信に対応

3G/LTEの移動体通信網に対応し、現地で撮影した映像をインターネット経由で管理サーバやメールサーバに転送します。 SMSによる動作モード変更、低ランニングコストなLPWA(sigfox)への対応も予定しています。

network

画像処理にも対応

内臓のCPUは各種の画像処理にも対応します。現在、国土交通省革新的河川管理プロジェクトの一環として 洪水に特化した水位監視システムとしての実証実験を神奈川県の鳥山川(鶴見川の支流)で実施中です。 赤外線再帰性反射材を使用した量水標(特許出願中)と組み合わせることで、夜間や暴風雨時にも安定 した水位計測を実現しています。

water_level

仕様概要(暫定仕様)

主な仕様 カメラ:800万画素(3456×2464ピクセル) *選択可
ネットワーク:モバイル回線 標準3G/LTE対応 (LPWA対応予定)
ネットワーク機能:FTP、Telnet、リモートメンテナンス
ローカル録画
GPS対応可
照明対応:赤外、白色LED(自動点灯制御)
ソーラパネル対応
画像処理機能:検知、鮮明化、切出し etc
エア・ワイパー
標準バッテリ(12V / 3~6Ah)
接点制御
使用環境 温度 -10~50℃ 
湿度 40~90%(結露なきこと)
形状・重量 175(W)×125(D)×125(H)mm (突起部除く)
約5kg以下

※製品化にあたり、予告なく仕様が変更されることがあります。