画像処理向けLED照明

概要

画像認識において、認識率を向上するために鮮明な画像が必要である。
そのために、以下3点が必要とされている。
・レンズの明るさ
・イメージセンサーの感度
・照明の明るさ

狭角・砲弾型LED照明の開発

LED照明において、対象物への照射範囲が狭い場合、基板の実装面積が同じなら、放射照度の強さは放射強度/放射範囲となっているため、一般的に広角の高輝度LEDよりも狭角LEDの方が放射照度が高くなるが、狭角LEDは実装時の精度によって目的の放射照度が出ない。

検証
LEDの実装精度の確保して目的の照射範囲・放射照度を確保できるかの検証を行った。

結果
・後日公開予定

高輝度LEDの開発

・画像認識に適したLED照明
夜の車番認識/人認識では認識処理に適した明るさの映像が検知率に影響してきます。
画像認識に適した明るさを得ることができるよう、高感度防水カメラと組み合わせた、高輝度LED照明システムを開発しています。
構成図
具体的な内容につきましては、弊社までお問い合わせください。