CamerLink To SDI変換ボックス
~ラインセンサカメラを扱いやすくする~

概要

通常のエリアセンサカメラに比べ、解像度を上げやすいラインセンサカメラは道路の状態検査等エリアセンサでは高解像度でカバーしにくいような項目に対して優位になります。しかし、ラインセンサカメラは大半がカメラリンク接続のFA向けのものとなり録画の際にPCが必要になるなど可搬性が悪いものでした。そこで、放送/セキュリティ分野にてよく使われていて録画用のデバイスなども入手のしやすいSDIへの変換を行う装置を開発しています。

概要


画像圧縮を考慮した変換 ※特許出願中

JPEG形式など、画像の圧縮技術を考慮したラインデータ→エリアデータ変換を行います(下図は8kセンサーの例)
画像圧縮を考慮した変換


応用例

画像圧縮を考慮した変換


仕様


電源電圧 6-20V
電源入力 DC Jack x1
カメラ入力 Mini-Camera Link x1
カメラ電源出力 電源入力をスルーアウト
LED 赤 x1 , 緑 x4
ビデオ出力 BNC(SDI) x1
デジタル x1
スイッチ ピアノスイッチ x6
通信 USB x1
RJ-45(RS-485) x1
HR10A(UART/RS232) x1※
※GPS用

SDI出力と最大ラインレートの関係


HD-SDI  3G-SDI  (12G-SDI)   1フレーム当たりのライン数
2k 30k 60k
1024
4k 15k 30k (60k) 512
8k 7.5k 15k (30k) 256

※モノクロ利用時、色差空間を利用して二倍のレートまで対応可
・Full-HDの残りライン(56line)部にデータを重畳可能 (~200Byte)
・GPSデータに応じてラインレート可変