232-422/485変換 (生産終了)

製品画像

概要

本装置はRS-232CおよびRS-485トランシーバーデバイスを搭載し、双方の送信信号・受信信号をレベル変換して受け渡します。
RS-485ポート側は通常受信モードで動作し、RS-232ポート側より送信信号が送られた場合に送信モードで信号を送信します。
信号送信後は受信モードに自動的に移行します。
DIPスイッチの設定により4800~115200bpsまでの通信レートに対応します。

※ 別途 2400bps~57600bpsにすることも可能です
   本装置はRS-232Cポート側の受信信号線より電力を生成して動作する機能を有します。
      受信信号線より十分な電力が受給出来ない場合は、電源コネクタより電源を供給可能です。

寸法

構成図

コネクタ

構成図