沿革

     
 1986年 8月  会社設立(資本金315万円)
 1987年 4月  営業開始・事務所開設(東京都大田区)
 1988年 4月  エキスパートシステムソフト「脳力男」販売開始
 1990年 10月  ビデオキャプチャー・TVチューナーボード販売開始
 1993年 4月  事務所移転(東京都世田谷区玉川)
 1996年 3月  ISDNボード「インターネットエクスプレス」販売開始 
 1999年 1月  mmEye開発・販売開始(JPEG画像伝送装置)
 2000年 4月  mmEye2開発・販売開始(4ch JPEG画像伝送装置)
6月  資本金4950万円に増資
 2001年 10月  mmEye-WL開発・販売開始(2ch PCMCIA対応JPEG画像伝送装置)
 2002年 1月  mmEye2-HS開発・販売開始(30fps 2ch JPEG画像伝送装置)
 2004年 2月  mmEye-WLF開発・販売開始(3G324M対応FOMA画像伝送装置)
 2005年 3月  mmEye-B128開発・販売開始(FOMA MPEG4伝送装置)
 2006年 10月  mmEye-IPC開発・販売開始(MPEG2/4伝送装置)
 2007年 1月  mmEye-MHU開発・販売開始(電池内蔵、FOMAJPEG伝送)
4月  マルチコーデックDSPボード(DM6446)開発・販売開始
6月  mmEye-DX開発・販売開始(FOMA対応H.264画像伝送装置)
 2010年 12月  mmEye-S(小型JPEG画像伝送装置)開発・販売開始
12月  mmEye-IPC-S(小型H.264画像伝送装置)開発・販売開始
12月  mmEye-VS(画像処理装置)開発・発売開始 
 2011年 6月  mmEye-DXS開発・発売開始(FOMA・Xi対応H.264画像伝送装置) 
 2012年 5月  HD対応DSPボード(DM6467)開発・発売開始
 2013年 6月  HD対応コーデックボード (DM368ボード)開発・発売開始
6月  HD対応画像処理ボード(DM8127ボード)開発・販売開始
6月  mmEye-HD(HD対応H.264画像伝送装置)開発・販売開始
 2014年 4月  可搬型ハイビジョン映像伝送装置mmEye-HDX 開発・発売開始
10月  車番認識装置mmEye-VA2 開発・発売開始
 2015年 4月  画像鮮明化装置mmEye-TMを開発・発売開始
 2016年 4月  電源レス画像監視装置を開発・発売開始